チューバ教室を、駅名とキーワードで探せる! → 今すぐオンラインで体験予約できる!

チューバ教室・チューバスクール.Starting.jp >  神奈川 >  チューバスクール雅

チューバスクール雅(神奈川)

会場マップ | 料金プラン | キャンペーン情報 | 無料体験レッスン

初心者の方へのメッセージ

楽しく音楽をしたい!
けれどもチューバを思うように演奏できないから、自分の音楽を表現できない。
初心者のうちはみんなそうです。

日々練習を積み重ねて、ある日突然「あれ?上手くなったかも」と気が付くのです。
私は、少しでも皆様の日々の練習のサポートを出来ればと思います。

「音」を「楽」しむために、共に頑張りましょう!


レッスンはこんな感じです

【初心者の方へのレッスンの流れ】
①チューバについての説明
チューバには4種類の調性の管があること、ピストン式とロータリー式があること、楽曲の中でのチューバの役割

②チューバの構え方の説明

③呼吸法の説明
腹式呼吸について

④マウスピースでの音出し(バズィング) 

⑤マウスピースを楽器につけて実際の音出し

⑥運指の指導

大切にしていること

「音」を「楽」しむをモットーに、楽しくチューバを演奏するサポートさせていただきます。

会場マップ



料金プラン

体験レッスン(60分)

0円(貸し音楽スタジオでの受講の場合、使用料実費(1,000円〜2,500円)が必要です。)

入会金

8,000円

ベーシックコース

60分×月2回コース:9,800円
60分×月3回コース:14,700円

エントリーコース

60分×月4回コース:19,600円
60分×月5回コース:24,500円
60分×月6回コース:29,400円

プロフェッショナルコース

60分×月7回コース:34,300円
60分×月8回コース:39,200円

貸し音楽スタジオでの受講の場合、使用料実費(1,000円〜2,500円)が必要です。平日の午前中〜夕方が、1,000円前後と最も安価な時間帯です。

キャンペーン情報

無料で1レッスン!プレゼントキャンペーン実施中

今すぐ無料体験レッスンお申込み

※貸し音楽スタジオでの受講の場合、使用料実費(1,000円〜2,500円)が必要です。

都道府県から他のチューバ教室を探す

神奈川   東京  

近くの駅で他のチューバ教室を探す

川崎  武蔵小杉  品川  蒲田  五反田  大森  横浜  鹿島田  大井町  鶴見  

レッスン形式

講師と1対1のマンツーマンレッスン
曜日と日時を毎回選べるフリータイム予約制

このスクールを無料でお試し

体験レッスン実施中!

まずは無料で体験レッスンを受けてみる

※1,000円〜2,500円前後の施設使用料実費が必要です。

講師プロフィール

講師写真

山田 雅之

神奈川県川崎市出身。
中学より吹奏楽部にてチューバを始める。
高校卒業後、チューバを安保國重氏に師事。
川崎市民交響楽団に所属する傍ら、川崎・横浜周辺の市民オーケストラ・吹奏楽団に賛助出演。

2001年11月 渡独
ミュンヘン シュトラウス音楽院の教授(トム・ワルシュ氏)の下でチューバを研鑽。

2004年4月
東京ミュージック&メディアアーツ尚美にて、チューバを佐野日出男氏、指揮法を塩谷晋平氏に師事。

現在、川崎市民交響楽団、多摩ウインドブラス等に賛助出演する傍ら、川崎周辺の高校生の指導、多摩ウインドブラスのサウンドトレーナーも務める。

開講時間

日曜: 9:00〜21:00

祝日: 9時〜 21時
その他、不定期で行っております。ご相談ください。

受講に必要なもの

・貸し音楽スタジオ・カラオケボックス使用料(1,000円〜2,500円)
・チューバ

※お持ちであれば、練習したい曲が入ったCD・iPod、歌詞カード×2枚をご持参ください。(お持ちいただかなくても、ご受講いただけます)

Powered by Cyta.jp チューバスクール

スクールいちおし

魔法のテューバ/ジョン・フレッチャー

チューバの名手です。
E♭管で演奏していますが、音色も音楽も全てにおいて勉強になるCDです。
是非、聴いてみてください。

【曲目】
1. くるみ割り人形~小序曲(テューバ四重奏版)(チャイコフスキー/フレッチャー編)
2. 朝の歌(エルガー)
3. 夕星の歌(ワーグナー)
4. 蚤の歌(ムソルグスキー)
5. もう飛ぶまいぞ,この蝶々(モーツァルト)
6. ソロ・テューバのための組曲(ハートレー)
7. テューバとピアノのためのソナタ(ヒンデミット)
8. テューバとピアノのための小ソナタ(グラス)

W・ヒルガース/Tubissima

ジャーマンブラスなどでも有名なヒルガースのCDです。
F管を吹くなら一度は聴いておきたいCDのひとつです。
特にヘンデルのソナタがお勧めです。